新型プリウスが2018年12月17日大規模マイナーチェンジ決定!

新型プリウスが2018年12月17日大規模マイナーチェンジ決定!

新型プリウスの発売が決定した模様。
内容は外見を大きく変更する大規模マイナーチェンジである。

主な内容は

内外装のデザイン
安全装備
ハイブリッドシステム

これらがマイナーチェンジの変更部分になる。

現行型のプリウスは2015年12月に発売された。
それから約3年経過して大規模なマイチェンを行って、昨今低下している販売を強化するのが狙い。

特に注目されるのが、大幅な変更となる外観、特にフロントマスク、リアランプ回り。

現行のデザインがあまり評判が良くなく、販売低下の原因とされているので、現行の奇をてらったデザインから無難なデザインへ改められるとの予想。

販売店には「プリウスPHVのようなデザイン」と伝えられているようである。

2017年発売のプリウスPHV。フロントは現行型プリウスよりましなデザインだが、リアは現行型プリウスより過激な感じだが・・・

ハイブリッドシステムは、これまではニッケル水素のバッテリーとリチウムイオンバッテリーの両方が存在したが、リチウムイオンバッテリーに集約1本化する。

おそらくリチウムイオンバッテリーの量産効果でコストの上昇を抑えられてきたためだろう。

燃費も若干向上する可能性が高い。

安全装備では検知機能を障害物、歩行者に加え、道路標識、自転車などへ拡充。クラウンレベルの安全性まで向上させる。

これによってしばらく低迷していた車種別販売台数のトップを奪還するのが狙い。

特にフロントマスクのデザイン向上がキーになるだろう。

一般的で万人に受けるマスクへ移行すれば、再び登録車1位へ返り咲く可能性も高いだろう。

【知らないと損する】新車を30万円安く買う方法とは!