N-VAN(Nバン)ホンダの詳細情報公開で先行予約開始!燃費や価格も!

ホンダの新しいNシリーズにN-VAN(Nバン)が登場予定です。
2018年6月1日にホンダはN-VAN(Nバン)の専用サイトで、詳細な情報を公開しました。

N-VAN(Nバン)は、Nシリーズに軽の商用車という新たなラインナップを追加します。

N-VANの燃費及び価格・発売日他最新の情報をお伝えします。

Nバン先行予約

ホンダN-VAN(Nバン)先行予約開始!

ホンダはN-VAN(N-バン)商用車を、2018年夏に発売する予定でN-先行予約(先行受注)が開始しています。もう「直ぐに予約注文して頂かないとかなり先の納期になってしまいますよ」と言われているほど問合せが殺到しているようです。

このN-VAVは2018年の6月にはN-VANの専用サイトに新たな情報が追加されが、詳細のデザイン・ラインナップなどを公開しています。

N-VANの燃費、価格、デザインなど最新の情報をお伝えします。

N-VAN(N-バン)とは?

N-VANは、ホンダの軽自動車「Nシリーズ」に追加された、軽バン(軽商用車)です。

ホンダは今年5月に乗用軽ワゴンの「バモス」・「バモスホビオ」を販売終了しているため、N-VANはそのモデルチェンジ版という扱いになります。

N-VAN(Nバン)は自動車の区分でいうと4ナンバーの軽貨物車になりますが、乗用で荷物を多く運ぶ遊びのトランスポーターの役割も想定しているようです。

また、安全性を高めた「ホンダセンシング」が全車標準搭載となり、軽貨物としては異例の安全装備になります。


N-VAN(Nバン)は4ナンバー軽商用車区分によるメリットは

N-VANは全タイプが4ナンバー軽商用車という区分になります。商用車としてはもちろん、一般の方でも乗用利用での購入も可能です。

4ナンバー軽のメリットは、5ナンバーの軽乗用車と比べて自動車税が安くなるという事です。

注意したい点は、初回の車検期間が2年後になることです。通常の軽乗用車と比べて1年早く車検になります。しかし、2回目以降の車検は乗用と同じと2年になり差は無くなります。

逆に任意保険は4ナンバー軽商用車の方が若干高くなる場合もありますので、一概に軽4ナンバー商用車が維持費が劇的に安くなるわけではありません。

ホンダ N-VAN各種のグレード

ホンダN-VAN
N-VAN「G L」
N-VAN

ホンダN-VAN
N-VAN「+STYLE FUN」
N-van

ホンダN-VAN
N-VAN「+STYLE COOL」
Nバン

N-VAN(Nバン)の外装は3つのグレードによって若干異なります。

一見でNシリーズと分かる全体のデザインは反映されています。

GとLは商用車利用が中心の最も装備の少ないグレードとなっています。

+STYLE FUNは丸型のヘッドライトが装備し、+STYLE COOLは低いルーフを持つことでスタイリッシュな外観としています。

商用車ながら様々な仕様が選べるのがN-VANの特徴です。

N-VANの使いやすい内装
ピラーレスの助手席側
N-VAN

N-VAN
ラゲッジスペース
N-VAN

ホンダN-VAN
インパネ周り
N-VAN

ホンダN-VAN
シートを倒した状態

N-VAN

 

ホンダN-VANの特徴

N-VAN(Nバン)の内装は使いやすさを追求しています。

内装の最大の特徴は以下2つになります。

■助手席側がピラーレス
■助手席がフルフラットになる

N-VANは豊富な積載量を持ち、380mm×310mm×280mmのダンボールが71個、227mm×364mm×315mmのビールケースが40個積載することができます。

N-VANのプラットフォーム・ボディサイズはN-BOXがベースです。

N-VANはN-BOXをベースとしたFF駆動のプラットフォームとなる予定です。

N-BOXがフルチェンジの時に採用した新開発のプラットフォームは、軽量化により燃費向上にも貢献しています。

ボディサイズもN-BOXと同様となりますが、注目すべきは高さ(主に室内高)になります。

バモスではMR駆動によって室内を有効に広くしていましたが、N-BOXはFF駆動でも広さを確保しています。

N-VANもN-BOXを商用車として寸法の見直しが行わられ、荷室の広さを少しでも広げるように工夫されています。

全長 (mm) 全幅 (mm) 全高 (mm)
3,395 1,475 1,790
ホイールベース (mm) 車両重量(kg) 乗車定員(名)
2,520 890 4

N-VANはキャンピングカーやカスタムカーのベースとしても人気が出そうですね。

N-VANもN-BOXベースがゆえに広い車内に加え、助手席側ピラーレス、フルフラットシートなど、キャンピングカーに最適な素質が備わっています。

またシンプルな商用車のためカスタム用のベース車としても人気が出そうですね。

新開発エンジンで燃費はバモスより10km/Lも向上するする予感

N-VANのエンジンスペック

NバンにはNA車とターボ車がラインナップされますが詳細はまだ明らかになっていません。

しかし新型N-BOXに搭載された新開発のVTECエンジンを使用する可能性が最も高いです。

N-BOXに搭載される新開発のVTECエンジン+ターボのエンジンは、過給圧コントロールによるターボレスポンスを大幅に高めており、コントロールが容易で、燃費性能にも優れます。

そのためN-VANはバモスと比較してエンジンの性能が大幅に向上していることでしょう。

新型のN-BOXエンジンスペック(2WD・自然吸気)は以下の通りです。

エンジン形式 水冷直列3気筒
最高出力
(kW[PS]/rpm)
43(58)/7,300
トランスミッション 無変速オートマチック
駆動方式 FF
使用燃料 レギュラーガソリン

N-VANの燃費

N-VANがN-BOXと同じエンジンを採用する予定のため、バモスに比較して燃費の向上は大いに期待できます。

現行バモスは5~16km/Lとあまり良くない数値となっていますが、N-VANがN-BOXと同じエンジンをであれば、以下ような燃費になると予想されます。

2WD 4WD
JC08モード燃費 25.6km/L 23.6km/L
実燃費 23.8km/L 21.4km/L

N-VANは新車車両価格は120万円からに

Nバンは、「ホンダセンシング」(先進安全運転支援システム)がメーカーオプションとして搭載となった場合、バモスと比較してプラス10~20万円程度となると予想されます。

強豪となるダイハツ ハイゼットキャディー(ウェイクの商用車)の価格が112~148万円であるため、それに近い価格になると考えられます。

以上のことから、Nバンの新車予想価格は120万~150万円となります。

N-VANはホンダの専用サイトで「2018年 夏に発売」と発表しているので、N-VANの詳細が7月に公式発表と販売開始となる可能性が高いですね。