新型クラウンが先行予約販売で既に4万台!

新型クラウン先行予約

新型クラウン先行予約の方がお得って

新型クラウンは6月26日のデビューに伴い、販売店では既に先行予約が開始しており、早くも、4万台を超える注文が入っているようです。

事前に注文したオーナーは、新型クラウンの実車を見ていないですし、
当然のごとく試乗もしていないことでしょう。

ただし、意外なことですが新型車は正式発売前に注文する方が、正式発売後に注文するよりお買い得なのです。

新型クラウン先行予約6月26日に発売になると7月から本格的な販促活動が始まり、全ディーラー店舗に展示車や試乗車が揃うのは、7月中旬あたりで試乗会などが催されます。

そして8月の長期となるお盆休みが絡んできますので、他の時期より納期が長めになります。

ディーラーとしては、9月の半期決算セールで9月納車の販売実績カウントを目指しており、7月に入ってからの受注は、人気次第では9月中の登録・納車が不可能になる可能性があります。

そのため、ほかの時期よりも先行予約段階で受注を確定させたいため、より好条件が出やすい環境になっているようです。

また、4万台を超える受注を得た理由として、クラウンという知名度もさることながらトヨタ店の専売車種として力を入れて販売していることも考えられるようです。

入念な顧客サービスを含めクラウンのユーザーをしっかりと繫ぎ止め、看板車種としてクラウンとそのユーザーを大切にしてきたことが大きいようです。

新型クラウン先行予約ほかの車種では、全店が全車を扱う体制に移行し販売会社としての車種に対する愛着も、平均化されてしまっている傾向にありますが、

クラウンには60年以上の歴史がありそのブランド力にディーラーとユーザーの信頼関係が築きあげられてきたことも背景にあるようで、新型クラウンが発売されると新型クラウンを見ないで、セールスマンに全てを任せして購入するユーザーも多いようです。