新型クラウンが新エンジンを搭載し遂に発表!

新型クラウンの概要

新型クラウン1トヨタ自動車株式会社は6月8日に高級セダン新型『クラウン』を発表しました。
新型クラウンのコンセプトは「クルマの機能を拡張するコネクティッド」「デザイン・走り安全性能の進化」の2つになります。

現行型クラウンは「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」の3タイプで構成されていたが、新型クラウンはをタイプに集約しました。

新型クラウンのエンジンと変速機

新型クラウンのエンジンエンジンを含めた動力源は3つ。トヨタブランド初の、3.5リットルV6「8GR-FXS」とマルチステージハイブリッドシステムを組み合わせました。
変速機は10段制御(シーケンシャルシフトマチック10段+パドルシフト)で、後輪を駆動します。

次にクラウン初の設定となる2.5リットル「A25A-FXS」エンジン+ハイブリッドシステム。変速機は電気式無段変速機(シーケンシャルシフトマチック6段+パドルシフト)で、後輪駆動と四輪駆動の選択が可能。

新型クラウンのエンジン2現行型から継承される2.0リットル「8AR-FTS」直噴ターボエンジンも出力を高めて来た。変速機は8 Super ECT(シーケンシャルシフトマチック8段+パドルシフト)で、後輪駆動となります。

新型クラウン3
新型クラウン4
新型クラウンリア
新型クラウン インテリア
新型クラウン フロントシート
新型クラウン リアシート
新型クラウン トランク